0120830090は【大量発信/大阪ガスを名乗る】電話に注意

スポンサーリンク

見覚えのない番号からの着信に…。

いったい、誰からかしら

と心当たりがないといえ、発信元が気になってしまいます。

そんな不安を解消していきますので、最後までお付き合いください。

目次
スポンサーリンク

電話番号0120830090の正体は?

電話番号0120830090の発信元の正体は【大阪ガス】を名乗る業者という情報が出ています。

ネットで検索しても追跡できない番号で、大阪ガスの公式サイトではガス会社を偽る電話に対しての注意喚起が記載されていますので注意してください。

大阪ガスや大阪ガスの関係会社と偽った電話や訪問により、個人情報を聞き出しガスや電気の契約を他社へ切り替えたり、点検・修理代金の詐取や強盗等の悪質な事件が発生しています。十分にご注意くださいますようお願いいたします。

主な手口は

「契約内容の見直しを行っている」「ガス料金や電気料金が下がる」「もっとお得なプランがある」と語り、ガス・電気料金、使用量、ご使用番号、口座番号などの個人情報を聞き出したり、通帳を見せるよう求める。
「ガスメーターの定期取替(※)」「ガス設備の点検」「ガス機器の工事」と偽りお客さま宅内に入り、お金を請求したり、隙をねらって金品を盗み取る。
※ガスメーターの定期取替は、計量法に基づき10年(一部7年)に一度実施しています。
自動音声による電話をかけ、録音音声や機械音声で「大阪ガスのアンケート」等と称し個人情報を聞き出す。
引用元:大阪ガス公式サイトより

ネットの声は?

大阪ガスとのことでした。
折り返すと、給湯器などの無料点検とのこと、今回は必要ないですと言って断りました。

引用元:電話番号検索 2023/12/18 14:54:06

大阪ガスの会社でした。フリーダイヤルなのに検索しても出て来ないです。
ある意味悪質です。

引用元:電話番号検索 2023/12/13 20:47:40

クーリング・オフ制度

万が一に悪質な電話営業で契約を交わしてしまった方は、『クーリング・オフ制度』を利用してください。

クーリング・オフ制度は、電話営業などで消費者が契約した後、一定の期間内であれば、一方的に無条件で契約を解除できる制度です。

「契約は守らなければならない」とする原則の例外で、クーリング・オフできる取引は法律や約款などに定めがある場合に限ります。

取引形態販売方法クーリング・オフの有無と期間等適用対象品目
電話勧誘販売業者の電話勧誘行為により通信手段で申込みを行った契約8日間原則すべての商品・役務、特定権利

電話勧誘販売での契約でも、次のような場合はクーリング・オフができません

  • クーリング・オフ期間が過ぎた場合
  • 営業や仕事用の契約
  • 代金が3,000円未満の現金取引
  • 化粧品や健康食品などの指定消耗品を使用した場合の使用済み分
  • その他、葬儀、乗用自動車など適用除外にあたる商品やサービス

クーリング・オフ書面の書き方

  • 契約書面を受け取った日を含めて8日間(または20日間)以内に必ず、ハガキなど書面で通知する
  • ハガキの両面をコピーして証拠よして保管しておく
  • クレジットカード契約の場合は、販売業者とともにクレジット会社へも通知する
  • 郵便局で「特定記録郵便」か「簡易書留」で送付する

※2021年の特商法改正により、消費者からのクーリング・オフの通知は電磁的方法(電子メールの送付など)によって行えるようになりました(2021年6月1日の施行)

(引用元:全国消費生活相談員協会公式サイト)

詳しくは最寄りの消費者センターへご相談ください。

スポンサーリンク

まとめ

電話番号0120830090の発信元を調べてまとめてみました。

結果は【大阪ガス】と名乗る業者からの営業電話でした。

現在は業者の詳細がわかっていませんが、情報がわかり次第追記してお知らせしたいと思います。

最近は固定電話だけでなく、個人所有のスマホや会社用のスマホにまで見知らぬ電話番号からの着信が数多くかかってきます。

なんとなく迷惑電話とわかっていながらも、もしかして大事な電話だったら…と不安な気持ちになってしまいます。

そんな人たちが安心していただけるように番号の発信元がわかっていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※1 記載されている発信元は記事を執筆時の情報です。記事の更新には努めていますが、電話番号の変更により発信元が変わっていることもありますのでご了承ください。

※2 当サイトの記事は、電話番号の発信元が気になる方々へ情報をご提供できればと運営しているもので、発信元すべての営業方法を否定しているものではありません。記事の更新には他サイト様のカキコミ等を引用させていただくことで。できるだけ正確な情報を提供できるように努めていますが、発信先の情報に間違いがある可能性もありますので、他サイトなどを観覧して確認していただければと思います。

目次