電話番号0368938322は【本物/セゾンカード】からの案内

スポンサーリンク

見覚えのない番号からの着信に…。

いったい、誰からかしら

と心当たりがないといえ、発信元が気になってしまいます。

そんな不安を解消していきますので、最後までお付き合いください。

目次
スポンサーリンク

電話番号0368938322の発信元は?

電話番号0368938322の発信元の正体は【セゾンカード】からの正式な案内電話です。

こちらの電話番号はセゾンカードの公式サイトの「案内電話番号」に記載されていますので本物です。

案内の内容は違えど、下記の書き込みのように「カードの不正利用の確認」で連絡が来る場合もあるようですので、電話を受信するか、折り返し確認した方が良い場合もあります。

3つの書き込みを確認しましたが、全てカードの不正利用に対する問い合わせだったようです。

セゾンカードの公式サイトでの案内に使用されている電話番号の一覧のリンクを記事の最後に貼っておきますので、気になる方は確認したみてください。

ネットの声は?

旅行予約をするたまに10万越えの決済をしたら、こちらの番号が記載されたショートメッセージが届きました。URLをクリックすると、生年月日を入れてくださいと出たので初めは詐欺かと思ったのですが、電話番号で調べるとここのページにたどり着きどうやらセゾン本物みたいだったので生年月日を入力しました。不正利用を疑われたのか、ご利用日時・ご利用金額・ご利用店名に見覚えがあるかの確認するものでした。私の場合はもちろん自分で決済したものだったので、そのままスルーで大丈夫でしたが、見覚えのない不正利用の場合はカードの利用を一時停止するを選択するようなものでした。

引用元:電話番号検索 2023/12/15 01:11:09

セゾンカード/不正利用があったかも?の確認
こちらの番号からは、セゾンカードの不正利用されてないか?の確認のための内容でした。
正規のサイトから調べると、
しっかりとこちらの番号は記載されています。
連絡しても大丈夫です。むしろ連絡するべき番号です。

引用元:電話帳ナビ 2023年10月10日 19時58分 
スポンサーリンク

「NTTファイナンス」を騙った不正請求詐欺には注意!!

最近は、「NTTファイナンス」と実在する企業の名前をかたって電話がかかってくることがあります。

自動のガイダンスで、「未納料金があります」という音声が流れます。

そして、確認する場合は「1」、確認しない場合は「2」のボタンを押すように促されます。

ガイダンスに従い、番号を選ぶと、NTTファイナンスの職員を語る人物が「名前や生年月日を教えてください」「未納料金があるので、支払ってください」などと言われます。

そして、「料金を支払ってもらえないのなら、法的措置を取ります」「未納が続けば、電話の利用を止めます」「契約違反で裁判所に訴えます」など、不安になるような言葉を並べ立ててきます。

そうやって相手を不安にさせたのちにコンビニなどで電子マネーを買わせて、電話料金の名目でお金をだまし取ろうとしてきますので要注意です。

電話でお金の話が出たときは、まず詐欺を疑ったほうがいいでしょう。

NTTファイナンスでは、自動音声ガイダンスによる「電話料金が未納です」「契約状況を確認させてください」などといった連絡は行っていないそうです。 

まとめ

今回は電話番号0368938322を調べてまとめてみました。

結果は公式の【セゾンカード】からのカードの不正利用の確認のための問い合わせでした。

見覚えのない電話のため迷惑電話と思い放置してしまうつもりだった方も、念の為に確認しておいた方がよいかもしれません。

セゾンカードの公式サイトでの案内に使用されている電話番号の一覧のリンクを貼っておきますので気になる方はご自分で確かめてください。

セゾンカード公式サイト 案内番号一覧

最近は固定電話だけでなく、個人所有のスマホや会社用のスマホにまで見知らぬ電話番号からの着信が数多くかかってきます。

なんとなく迷惑電話とわかっていながらも、もしかして大事な電話だったら…と不安な気持ちになってしまいます。

そんな人たちが安心していただけるように番号の発信元がわかっていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※1 記載されている発信元は記事を執筆時の情報です。記事の更新には努めていますが、電話番号の変更により発信元が変わっていることもありますのでご了承ください。

※2 当サイトの記事は、電話番号の発信元が気になる方々へ情報をご提供できればと運営しているもので、発信元すべての営業方法を否定しているものではありません。記事の更新には他サイト様のカキコミ等を引用させていただくことで。できるだけ正確な情報を提供できるように努めていますが、発信先の情報に間違いがある可能性もありますので、他サイトなどを観覧して確認していただければと思います。

目次