05017910091は【フロントオンライン/光回線切り替え】の営業電話

05017910091

スポンサーリンク

知らない電話番号の着信…。

誰だ?
大事な電話じゃないよな〜?

と心当たりがないといえ、発信元が気になってしまいます。

そんな不安を解消していきますので、最後までお付き合いください。

今回の調査した電話番号はこちらです

05017910091(050-1791-0091)

この記事でわかること

・電話番号の発信元の詳細情報

・クチコミの情報と関連記事

・知っておきたい事

・まとめ

※発信者は執筆時点の情報です。電話番号の変更により発信元の業者が変わっていることがありますので注意してください。

目次
スポンサーリンク

電話番号05017910091の詳細情報は?

電話番号05017910091の発信元の正体は、【フロントオンライン】と名乗る業者からのテレアポという情報が出ています。(2024年6月現在)

発信元の詳細情報

・フロントオンラインと名乗る業者

・光回線の切り替えを勧誘する営業電話

・auひかりへの乗り換えが目的

・識別音で発信先の携帯キャリアを判別している?

光コラボレーションを利用した、インターネット光回線の切り替えを勧誘する営業電話だと思われますので、興味のない場合は折り返してかけ直す必要がない番号です。

このような業者が使う手口は、発信相手の呼び出しコールが鳴る前の「識別音」を利用して、各キャリアのコールセンターや関係者を装うことがありますので注意してください。

識別音の違いについては、下記の「ワンギリ電話の正体」を読んでみてください。

クチコミ情報と関連記事

現在のところ、下記のようなクチコミ情報が出ていますので参考にしていただければと思います。

類似の関連記事とあわせてご覧ください。

クチコミ情報

株式会社フロントオンラインを名乗るau光の営業電話です。こちらの料金やプランも確認せずに、携帯のコール音からあたりをつけて、利用サービスを適当に言って、信用させ他社回線に切り替える営業電話です。

引用元:電話番号検索 2024/06/02 12:41:19

au光回線にすると
2000円程安くなると、一方的にベラベラしゃべってきます。
「調べて必要ならこちらから電話します」と言うと、「そうですか」と切ってくれます。

引用元:電話番号検索 2024/06/01 07:10:04

関連記事

ワンギリ電話の正体

電話がかかってきたにも関わらず、着信音が一回鳴っただけで切れる事ありませんか?

何故ワン切り?

誰からの電話?

この手のワンギリ電話の多くはセールス電話の可能性が高いことを覚えておきましょう。

光回線の切り替えを勧誘するテレアポ業者などは、電話のコールが鳴る前の識別音で、100パーセントではありませんが相手の携帯キャリアを特定することができるのです。

docomo

番号発信後、そのまま〝プルルッ・・・〟っと呼び出しのコールが鳴る

ドコモの場合は、固定電話と同様の通常どおりの呼び出しのパターンです。

au

番号発信後、〝プッ、プッ、プッ・・・〟とゆっくりとした呼び出し音が鳴った後に、〝プルルッ・・・〟とコールが鳴る

SoftBank(Y!mobile)

番号発信後、〝プププッ、プププッ、プププッ・・・〟と数回にわたって呼び出し音が鳴った後に、〝プルルッ・・・〟とコールが鳴る

この識別音を利用して、発信した相手が使用している携帯キャリアを、テレアポ業者は把握しています。

例えば、ドコモユーザーにセールスをかけたい場合は、番号発信後に〝プッ、プッ、プッ・・・〟や〝プププッ、プププッ、プププッ・・・〟という識別音が聞こえた段階で電話を切ってしまうわけです。

もちろん全てのワン切り電話が、この手のテレアポ業者からのものではありませんが、かかってくるワン切り電話の中には、このような手口で営業をしている業者がいる事を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ:電話番号05017910091 

電話番号05017910091のまとめ

・フロントオンラインと名乗る業者

・光回線の切り替えを勧誘する営業電話

・auひかりへの乗り換えが目的

・識別音で発信先の携帯キャリアを判別している?

今回の記事では、電話番号05017910091の発信元の詳細情報を調べてまとめてみました。

結果は、【フロントオンライン】と名乗る業者からの、光回線の切り替えを勧誘する営業電話でした。

最後に

最近は固定電話だけでなく、個人所有のスマホや会社用のスマホにまで見知らぬ電話番号からの着信が数多くかかってきます。

なんとなく迷惑電話とわかっていながらも、もしかして大事な電話だったら…と不安な気持ちになってしまいます。

そんな人たちが安心していただけるように番号の発信元がわかっていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※1 記載されている発信元は記事を執筆時の情報です。記事の更新には努めていますが、電話番号の変更により発信元が変わっていることもありますのでご了承ください。

※2 当サイトの記事は、電話番号の発信元が気になる方々へ情報をご提供できればと運営しているもので、発信元すべての営業方法を否定しているものではありません。記事の更新には他サイト様のカキコミ等を引用させていただくことで、できるだけ正確な情報を提供できるように努めていますが、発信先の情報に間違いがある可能性もありますので、他サイトなどを観覧して確認していただければと思います。

管理人ちひろさん

発信者の電話番号が変更している記事にお気づきになった場合、
コメント欄でお知らせいただければ助かります。

目次