08001111016は【ソフトバンク/携帯プラン】の営業電話

スポンサーリンク

見覚えのない番号からの着信に…。

いったい、誰からかしら

と心当たりがないといえ、発信元が気になってしまいます。

そんな不安を解消していきますので、最後までお付き合いください。

目次
スポンサーリンク

電話番号08001111016の正体は?

電話番号08001111016の発信元の正体は【ソフトバンク】を名乗る業者という情報が出ています。

インターネットに関してと携帯の割引について質問してきますが、光回線の切り替えを勧誘されたり、携帯のキャリア変更する営業電話のようですので注意してください。

ネットの声は?

ソフトバンク/乗換勧誘
ソフトバンク光のWi-Fi契約をして、最初はそれに関する内容だったため聞いていましたが、今のキャリア、家族の人数等聞かれ、執拗にソフトバンクに変更しろと言われました。
引っ越し直後で業者が来る予定もあり、5分ほど話したところで話がまとまらなかったため、メールなどで内容を送って欲しい旨を伝えたところ、「これは優待なので人使って電話してるんすよ。メールとか見ないじゃないっすか。1000円2000円の話じゃなくて重要な〜」と内容に関係のない前置きのようなことを5分くらい追加でしゃべられました。(その間こちらはずっと無言で相槌等もせず)
痺れを切らして「内容を簡潔にまとめて言ってください」と言うと明らかにトーンダウンして、「じゃあこの内容が伝わったならソフトバンク〇〇店に来てください」と言われました。
伝わってないから簡潔にまとめてくださいと言ったんですが、、、
内容もわからないし、先にここの口コミを調べておけばよかったです。忙しい中で最も無駄な時間でした。

引用元:電話帳ナビ 2024年2月24日 13時05分

ソフトバンクの営業/勧誘
店舗に来店すると2000ポイントくれるとのことで、ちょうど2台目の端末も欲しかったし行ってみた。
ところが2000ポイントくれるどころかメインの乗り換えをゴリゴリに押され、挙げ句の果てに最後の最後で「あなたのインターネットプランではワイモバイルとの割引が使えない、ルーターも追加で契約しろ」と言われた。割引使えないならそもそも勧誘の電話してくんな。
うまみがないから2台目はやめた。結構待たされたしポイントももらえなかった。時間の無駄だった。

引用元:電話帳ナビ 2023年12月16日 11時51分
スポンサーリンク

光コラボレーションとは?

【光コラボのサービス提供のイメージ】

引用元:インターネット契約 虎の巻

2015年に始まった【ひかりコラボレーション】は「フレッツ光」回線をプロバイダーなどの事業者(光コラボ事業者)に卸売りして新しいネット回線としてユーザーへ提供しているサービスです。

自社で光回線を張り巡らせることは事業者にとって膨大なコストと時間がかかるため、NTTの回線を提供してもらうことは光コラボレーション事業者にはメリットがあります。

多くの事業者がこの光コラボレーションに参入していますが

「ドコモ光」、「auひかり」、「ソフトバンク光」、「ビックローブ光」、「So-net光」

などが代表的な光コラボレーションです

フレッツ光に比べ、回線とプロバイダー契約を一本化できるため月額料金が安くなるケースがあり、この方法を使って「インターネットの料金が安くなる」、「プロバイダーが必要なくなる」とネット切替え業者が営業電話をかけてくるケースが非常に多くなっていますので注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

電話番号08001111016の発信元を調べてまとめてみました。

結果は【ソフトバンク】と名乗る業者からの営業電話でした。

インターネットに関してと携帯の割引について質問してくるようですので、光回線の切り替えを勧誘されたり、携帯のキャリア変更する営業電話のようですので注意してください。

最近は固定電話だけでなく、個人所有のスマホや会社用のスマホにまで見知らぬ電話番号からの着信が数多くかかってきます。

なんとなく迷惑電話とわかっていながらも、もしかして大事な電話だったら…と不安な気持ちになってしまいます。

そんな人たちが安心していただけるように番号の発信元がわかっていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※1 記載されている発信元は記事を執筆時の情報です。記事の更新には努めていますが、電話番号の変更により発信元が変わっていることもありますのでご了承ください。

※2 当サイトの記事は、電話番号の発信元が気になる方々へ情報をご提供できればと運営しているもので、発信元すべての営業方法を否定しているものではありません。記事の更新には他サイト様のカキコミ等を引用させていただくことで。できるだけ正確な情報を提供できるように努めていますが、発信先の情報に間違いがある可能性もありますので、他サイトなどを観覧して確認していただければと思います。

目次