08002229409からの電話はドコモ光回線の勧誘電話

スポンサーリンク

突然、知らない電話番号から着信が…。よく見てみると〝0800-222-9409〟

何回もかかってきたりすることもあるので、すごく気味が悪いです。

そんな疑問を解決します!

安心して最後までご覧ください。

記事後半には現在注意するべき類似の詐欺の事件もまとめてありますので、防犯の意味でもよく読んでいただきたいと思います。

目次
スポンサーリンク

発信者の正体は?

0800-222-9409の電話番号の正体はインターネットコンシェルジュを名乗る業者からのドコモ光回線の勧誘電話という情報が出ています。

電話で住所や個人情報を伝えないように気をつけましょう。

ドコモ光回線への変更を求める内容で、ドコモの代理店を名乗っていました。
しかしながら内容がアホ丸出しで問い詰めるとしどろもどろし始めたため事業所名を聞いてみたところ、インターネットコンシェルジュだのdocomoの窓口だのと意味不明な回答をするのみで話になりませんでした。
念のためdocomoに問い合わせて調べさせたところ、正規の代理店としての登録はされていません。

2023年6月12日 18時50分 

■株式会社ネットワークサポートという会社名を名乗る場合もあるようです。

株式会社ネットワークサポート/docomo回線と光回線をまとめて云々….
はじめ、名乗らず宛先も不明で一方的に話し始める。
怪しいので会社名、部署名と名前を伺う

最初インターネットコンシェルジュを名乗る。
怪しいので会社名は?と問い詰める
「株式会社ネットワークサポート」
部署名「ドコモ光ご案内窓口 ふじ〇 ゆ〇き」
それ部署名?です?
部署の電話番号も聞く0800-111-3681

こちらの都合も聞かずに一方的に話してきて且つ態度もしゃべり方も稚拙でかなり無礼

docomoから委託されているとの話だが、念のためdocomoに確認中…docomoからの回答待ち

2023年5月25日 12時36分 

\離れて暮らす親御さんなど心配な方にはこんなサービスもあります。/

月3000円ほど固定電話にかかる特殊詐欺、営業や勧誘電話をオペレーターが代理で受電してくれます。

ご希望のメール、LINE、ファックスのいずれかでタイムリーに報告します。

面倒な設定や切り替え作業ども不要なので、ご高齢者のみのお宅でも安心して導入が可能。

離れて暮らす高齢の親御さんが心配な方はこんなサービスがあるということを覚えておきましょう!

国際ワン切り詐欺に注意!!

国民生活センターには2019年ごろから「海外から不審電話がかかってきた」「かけ直してしまったが、高額の電話料金が請求されないか不安だ」といった相談が増えています。

70代の男性は今年1月、着信があった番号に折り返した。

その後に調べてみると発信元はアフリカのギニアで、高額の請求が心配になって相談を寄せたということです。

NTTドコモによると、例えばギニアに平日の日中に電話をかけた場合、料金は30秒で180円ほどかかるそうです。

「犯罪グループは自動的に大量の電話をかけるシステムを構築していると思われ、多額の収益を得ている可能性がある」と注意喚起しています。

通話時間を長引かせる目的で、電話がつながると外国語の音声が流れるケースもあるという。

「料金が未納です」も詐欺

 「NTTファイナンス」と実在する企業の名前をかたって電話がかかってくることがあります。

自動のガイダンスで、「未納料金があります」という音声が流れます。

そして、確認する場合は「1」、確認しない場合は「2」のボタンを押すように促されます。

ガイダンスに従い、番号を選ぶと、NTTファイナンスの職員を語る人物が「名前や生年月日を教えてください」「未納料金があるので、支払ってください」などと言われます。

そして、「料金を支払ってもらえないのなら、法的措置を取ります」「未納が続けば、電話の利用を止めます」「契約違反で裁判所に訴えます」など、不安になるような言葉を並べ立ててきます。

そうやって相手を不安にさせたのちにコンビニなどで電子マネーを買わせて、電話料金の名目でお金をだまし取ろうとしてきますので要注意です。

電話でお金の話が出たときは、まず詐欺を疑ったほうがいいでしょう。

NTTファイナンスでは、自動音声ガイダンスによる「電話料金が未納です」「契約状況を確認させてください」などといった連絡は行っていないそうです。 

スポンサーリンク

まとめ

今回は0800-222-9409という電話番号について調べてみました。

知らない電話のほとんどが〝勧誘〟〝営業〟〝詐欺〟です。

不特定の電話番号にかけてくるものも少なくありませんので注意しておきましょう。

コメント

コメントする

目次