08009195664は【エーライフ/光コラボ代理店】からの営業電話

スポンサーリンク

見おぼえのない電話番号からの着信に、もしも大事な連絡だったらと考えると、発信元の正体は気になってしまいます。

今回の記事では、次の電話番号の情報をまとめて解決していきます。

今回の調査した電話番号はこちらの【08009195664】です。

この記事でわかること

・電話番号の発信元の詳細情報

・クチコミの情報と関連記事

・知っておきたい事

・まとめ

目次
スポンサーリンク

08009195664の発信元は光コラボ代理店からの営業電話

電話番号08009195664の発信元の正体は、光コラボ代理店でエーライフ(自称)と名乗る業者からの営業電話という情報が出ています(2024年4月現在)

発信元の詳細情報

・光回線の切り替えを勧誘する営業電話

・光コラボ代理店で「エーライフ」(自称)と名乗っている

・割引きの提案を装っている

割引きや基本料金が安くなると電話をかけてきますが、光コラボレーションを利用した、インターネットの光回線切り替えを勧誘する営業電話ですので、興味のない場合は折り返してかけ直す必要がない番号です。

最近では、コールセンターなどの委託された業者からの営業電話も多いようですので、断りを入れたにも関わらず複数回の着信があるようです。

ネットのクチコミ情報と関連記事

現在のところ、下記のようなクチコミ情報が出ていますので参考にしていただければと思います。

類似の関連記事とあわせてご覧ください。

クチコミ情報

08009195664/2000円値引きされると言う電話
いきなりこれからネット回線が2千円安くなりますと言う電話。
なんで安くなるのかと聞くとプロバイダが必要なくなるからと言われた。
また10分後にかけ直すので対応お願いしますと言われ切られた。
意味不明。080でかけてくる時点で怪しい。
いかにも営業ぽい喋り方。

引用元:電話帳ナビ

08009195664/SO-NETへの悪徳勧誘
Docomo光が自動的に安くなると言い、ドコモとは全く関係ない会社。So-netの勧誘を推し進め、最後は電話を切断するエーライフいう失礼な会社。

引用元:電話帳ナビ

関連記事

光コラボレーションとは?

【光コラボのサービス提供のイメージ】

引用元:インターネット契約 虎の巻

2015年に始まった【ひかりコラボレーション】は「フレッツ光」回線をプロバイダーなどの事業者(光コラボ事業者)に卸売りして新しいネット回線としてユーザーへ提供しているサービスです。

自社で光回線を張り巡らせることは事業者にとって膨大なコストと時間がかかるため、NTTの回線を提供してもらうことは光コラボレーション事業者にはメリットがあります。

多くの事業者がこの光コラボレーションに参入していますが

「ドコモ光」、「auひかり」、「ソフトバンク光」、「ビックローブ光」、「So-net光」

などが代表的な光コラボレーションです

フレッツ光に比べ、回線とプロバイダー契約を一本化できるため月額料金が安くなるケースがあり、この方法を使って「インターネットの料金が安くなる」、「プロバイダーが必要なくなる」とネット切替え業者が営業電話をかけてくるケースが非常に多くなっていますので注意してください。

スポンサーリンク

まとめ:電話番号08009195664

今回記事では、電話番号08009195664の発信元の詳細を調べてみました。

電話番号08009195664まとめ

・光コラボ代理店で「エーライフ」(自称)と名乗っている

・インターネット光回線の切り替えを勧誘する営業電話

・割引きの提案を装っている

・興味のない場合は、かけ直す必要のない電話

結果は、光コラボ代理店で「エーライフ」(自称)と名乗る業者からの、光回線の切り替えを勧誘する営業電話でした。

最近は固定電話だけでなく、個人所有のスマホや会社用のスマホにまで見知らぬ電話番号からの着信が数多くかかってきます。

なんとなく迷惑電話とわかっていながらも、もしかして大事な電話だったら…と不安な気持ちになってしまいます。

そんな人たちが安心していただけるように番号の発信元がわかっていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※1 記載されている発信元は記事を執筆時の情報です。記事の更新には努めていますが、電話番号の変更により発信元が変わっていることもありますのでご了承ください。

※2 当サイトの記事は、電話番号の発信元が気になる方々へ情報をご提供できればと運営しているもので、発信元すべての営業方法を否定しているものではありません。記事の更新には他サイト様のカキコミ等を引用させていただくことで。できるだけ正確な情報を提供できるように努めていますが、発信先の情報に間違いがある可能性もありますので、他サイトなどを観覧して確認していただければと思います。

目次