世界水泳2023福岡の注目海外選手は【キング・オブ・スイマー】レオン・マルシャン

スポンサーリンク

2023年7月に開幕する世界水泳2023福岡。

日本代表選手も気になるけど、世界の怪物級の選手も知っていた方が楽しめますよね。

そんな方に注目の海外選手をご紹介します。

今回の世界水泳が開催される福岡在住、スポーツ大好きchihiro-sanが

今大会の最注目選手をご紹介します。

このレオン・マルシャン選手は絶対にチェックしておきたい選手の一人です

もくじ
スポンサーリンク

レオン・マルシャンとは

プロフィール

名前:レオン・マルシャン

生年月日:2002年5月17日

国籍:フランス

身長:183cm

体重:74kg

種目:個人メドレー

経歴

【2021年東京五輪】(当時19歳)

400m個人メドレー 6位入賞

200m個人メドレー 18位

200mバタフライ 14位

【2022年世界選手権】(当時20歳)

400m個人メドレー 金

200m個人メドレー 金

200mバタフライ 銀

400m個人メドレーでは20年間破られていない世界記録に0.44秒に迫る歴代2位の記録を出した。

世界最古の世界記録

マイケル・フィリプス

現在の競泳競技で最も長く更新されていない記録がマイケル・フィリプス(アメリカ)が

2008年北京五輪400m個人メドレーの1分3秒84です。

高速水着のレザーレーサー全盛期に出したとんでもない記録です。

0.44差の歴代2位

技術やトレーニングが発達して、世界記録はどんどん塗り替えられていく中で20年間もの間、

破られなかった前人未到の〝1分3秒84〟。

そのタイムにわずか0秒44差。いよいよ今後破られる事はないかも…。

と囁かれた記録を更新する逸材がこのマルシャンです。

7月23日の男子200m個人メドレー決勝で見事に世界新記録を大幅に更新する4分02秒50の驚異的記録を出して金メダルを獲得しました。

スポンサーリンク

まとめ

レザーレーサー全盛期時代に出された記録の中でも

〝もう破られることはない記録〟の一つと言われた

マイケル・フィリプスの400m個人メドレーの記録にあと少しと迫ったマルシャン選手。

もしかしたらこの福岡で世界新記録が誕生する事になるかもしれません。

若きキングオブスイマーに大注目してみてください。

もくじ