王貞治ソフトバンクホークス初代監督の軌跡、闘病、退任からWBCで世界一へ

野球場
スポンサーリンク

選手として巨人で輝かしい記録を残した、

王貞治会長が福岡に来た経緯と常勝チームへの足がかりを作った軌跡を

前回の記事でお伝えしました。

この後、今の強いソフトバンクが築かれていくんだね!

王会長が作ってきたホークスを知ってみたいな〜。

あの史上最強打線思い出すなー

もくじ
スポンサーリンク

黄金期

常勝チーム

ダイエーホークスで1999年にリーグ優勝、日本一を達成した後、

1、2、2、①、2位(レギュラーシーズン勝率1位ながらプレーオフに敗れリーグ優勝ならず)と

常に優勝争いを展開。

たぶんホークス史上最強チームがこの時期だったんじゃないかな?
2003年シーズンの
チーム打率.297は日本記録。

えっ⁉︎チーム打率がほぼ3割⁉︎

城島、松中、井口、バルデスの4人が100打点以上。

100打点以上が4人⁉︎

盗塁数はリーグトップ147個

うそっ⁉︎

斉藤和巳20勝
和田毅14勝
杉内俊哉10勝
先発3本柱で44勝!!

凄すぎるわ…。
それで監督が王さん。

まさに王監督が作り上げた史上最強ホークスだったんだよ。

ソフトバンクホークス誕生

2005年にダイエーからソフトバンクに親会社が変更。球団名がソフトバンクホークスになる。

〝世界一の球団〟を目指してスタート。

病気、退任、会長就任

ソフトバンクホークス初優勝を目指して戦っていた王監督ですが、

2006年途中に〝胃がん〟の為、残りを休養することになります。

翌年、復帰しますが成績は3位。

次のシーズン最下位に沈み退任してしまいます。

その後は会長に就任されました。

監督としての成績は
2507試合 1315勝(NPB歴代8位)1118敗74分
ホークスでは968勝でした。

世界一

第一回WBCの初代監督に就任。一次リーグ、二次リーグで韓国に敗れ,

世紀の大誤審を乗り越えてWBC初代チャンピオンに。

スポンサーリンク

まとめ

王会長が作り上げてきたホークスはいかがでしたか?

ダイエーホークスで最強チームを作り上げ、ソフトバンクホークスの礎を築かれた結果、

福岡、九州、全国のファンに愛される球団になりました。

王会長の勝負に対する執念が次の秋山監督や工藤監督に繋がり、

現藤本監督に引き継がれているんだと思います。

今年は3年ぶりに頂点に立ってくれるのでしょうか?

まだまだペナントは始まったばかりです。

秋に王会長が喜ぶ姿が見られるといいですね。

もくじ