映画『SING/シング』の伏線と疑問点のまとめ

映画『SINGシング』伏線と疑問点
  • URLをコピーしました!
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

2016年に公開された人気映画『SING/シング』の伏線と疑問点について解説します。

今回紹介するのは下記の「4つ」

  1. 各キャラクターのフル歌唱シーン
  2. イカの巨大水槽
  3. 下弦の月と満月
  4. ミーナ(ゾウ)の歌声
目次
スポンサーリンク

①:各キャラクターのフル歌唱シーン

物語の最後の最後まで、キャラクター達が最後まで歌唱するシーンは描かれませんでした。

常に何かに邪魔をされたり、ダメ出しをされたりと歌やダンスは途中で終わり我々をモヤモヤさせにかかるわけですが…。

ラスト15分強。

各キャラクター達のフルステージを観ることができます。

これを見るために焦らされていたのかと思うほどに、素晴らしいステージを楽しむことができます。

ステージの完成度がこんなにも高いのは、実際の歌手や歌の上手い有名人を声優に抜擢しているからで、超豪華な声優陣達にも注目です。

②:イカの巨大水槽

1度の目のムーン劇場。

この劇場の目玉といえば、ムーンとミーナが用意した巨大水槽でのイカたちのダンスでした。

まるでプロジェクションマッピングのようなその演出にナナ(大知真央)も感心していたわけですが…。

この水槽を作るシーン。

ミーナが事務所中の窓ガラスを抜き取って集めていました。

何をするのかと思えば巨大水槽作り。

「え?そんな窓ガラスでいけるか?いけんやろ?」

と思いながら見ていたわけですが、予想に反し、とても立派な巨大水槽が出現。

「物語の便宜上窓ガラス使ったんか」と納得していると…。

いきなりガラスは割れて大惨事。

それはもう思ってるよりも大惨事…笑。

これはもう実際に見てもらうしかありません。笑

③:下弦の月と満月

物語の冒頭から劇場ステージのオブジェとしてかかっていたのは「下弦の月」でした。。

「欠けていく」三日月。

あと数日で消えてしまう月。

あと少しで消えてしまいそうな劇場。

そんな現実に必死にしがみつくムーン達を表しているようでした。

それとは対照的に、野外ライブではミーナのバッグに堂々とした大きな満月が映し出され、月の満ち欠けによって、主人公たちの行く末を暗示していたというのはまさに驚きです。

④:ミーナ(ゾウ)の歌声

内気で自信がなく、極度のあがり症であるゾウの女の子ミーナ。

彼女は初めオーディションを受けに現れるも、緊張で歌うことができませんでした。。

ミーナは再び劇場へ足を運び、改めてオーディションをしてもらえないか交渉するつもりだったが、ムーンからショーの手伝いをして欲しいと頼まれ断ることができずに応じることとなります。

物語が進み、ムーンはミーナの気持ちへ気付き「チャレンジしたいなら場を用意する」と伝えますが、ミーナは「でもまたきっと歌えない」と答えます。

他のキャラクターたちと違い、我々は一向にミーナの歌声を聴くことができない。

そして物語のフィナーレ、このミーナの本気のステージが。

まさにその歌声には圧巻の一言。

それもそのはずミーナの声優はあの世界的歌姫・MISIA。

これはぜひ、実際に映画を見て聴き惚れてもらいたいです。

以上が映画「SING/シング」の伏線と疑問点のまとめでした。

あれっ…?そんな伏線あったっけ?
もう一度みてみたいなぁ…

というあなたへ…!

映画『SING/シング』を今すぐ実質無料でみることができる方法をご紹介します。

※最新の配信状況は各動画配信サービスで最終確認をお願いいたします。

■おすすめ動画配信サービス【実質無料】

下記の「動画配信サービス」なら、

映画『SING/シング』を実質無料でみることできますよ!

「U-NEXT」で無料視聴できる!

★POINT
  1. 31日間の無料お試し期間がある
  2. 80,000本の作品が見放題で楽しめる
  3. 無料期間に600円分のポイントが使える

新規登録すると31日間の無料お試し期間と600円分のポイントがついてきて、『無料』でフル動画を視聴できます。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら31日間無料トライアル実施中!

上のボタンをクリックすると「U-NEXT公式HP」に移動します。

無料体験はいつ終了するかわかりませんのでお早めに…。

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

★CHECK

■総合評価&あらすじ

映画『SING/シング』のあらすじ

人間と同じようにいろんな動物たちが暮らしている世界が舞台。

子供の頃劇場へ行き、その素晴らしさに魅せられたムーンは大人になってこの劇場を買い取るも今や差し押さえのピンチに直面していました。

過去の盛り上がりを取り戻す為、歌のコンテストを開催し、劇場を救おうとするムーンだったが…。

さまざまな事情を持つ個性豊かな動物たちが集まり、壮大なオーディションがはじまる。

■印象に残ったセリフ・シーン

①:賞金が間違っていたことを知るムーン

劇場復活の最終手段として、賞金付きでオーディションを開催することにしたムーン。

このチラシを見て続々と参加志望者が集まるわけですが…。

部下であるミス・クローリーが間違えて「1,000ドル」の表記を「100,000ドル」としていたことが発覚。

そんな大金手元にないとムーンは悩むが、コンテストはそのまま続けることに決めます。

②:ブタの専業主婦ロジータ。

彼女には25匹の子どもブタがいました。

オーディションに受かるも連日の朝から晩までの練習のために家を空けるわけにもいきません。

子供を預かってくれる人も見つからない。

そんな時に彼女が思いついた方法とは…?

なんと一晩で全ての家事育児の全自動装置を作り上げたます。

それが笑ってしまうほどに素晴らしいのです。

ぜひこの装置の動き一つ一つにも注目していただきたいと思います。

■みんなの評価は?

映画『SING/シング』は世間でも話題になりました。

■まとめ

「SING/シング」の伏線と疑問点について解説しました。

  1. 各キャラクターのフル歌唱シーン
  2. イカの巨大水槽
  3. 下弦の月と満月
  4. ミーナ(ゾウ)の歌声

あれっ…?そんな伏線あったっけ?
もう一度みてみたいなぁ…

というあなた…!!

U-NEXTでなら今なら実質無料で見られます!

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

※最新の配信状況は各動画サービスで最終確認をお願いします。

今すぐ視聴できる!U-NEXT

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら31日間無料トライアル実施中!

上のボタンをクリックすると「U-NEXT公式HP」に移動します。

無料体験はいつ終了するかわからないのでお早めに…。

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

★CHECK
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次