世界陸上2023ブダペスト大会の世界記録を狙う選手と大会スケジュール

スポンサーリンク

世界陸上2023ブダペスト大会がいよいよ開幕します。

世界の注目選手を教えて欲しい、メダル候補の日本選手が知りたい人も多いと思います。

そんな人たちに是非、知っていて欲しい選手をピックアップしてご紹介したいと思います。

今回ご紹介した選手を知っているだけで世界陸上を何倍も楽しめると思いますので最後までお付き合いください。

目次
スポンサーリンク

世界陸上の見どころと注目選手

世界陸上2023ブダペスト大会の見どころをご紹介します。

近年の陸上競技界は記録の伸びが激しく2年間の間に16回の世界記録が更新されています。

今回のブダペストではいくつの世界記録が誕生するのでしょうか?

注目の競技と選手をご紹介していきます。

アルマンド・デュプランティス(スウェーデン)

今大会最注目男子棒高跳びのアルマンド・デュプランティスはあの鳥人セルゲイ・ブブカの記録を破り、前回の世界陸上オレゴン大会までに4度自身の世界記録を塗りかえています。

6m21のWR更新はあるのか⁉︎

出典:TBS陸上チャンネル【公式】

ノア・ライルズ(アメリカ)

2009年世界陸上ベルリン大会男子200mでウサイン・ボルトが叩き出した19秒19。

今後しばらく破られないといわれた不滅の記録が更新される可能性があります。

前回の世界陸上オレゴン大会で19秒31とボルトの記録まで+0秒12の記録を出した選手です。

今大会とうとうボルトの不滅の記録が破られる⁉︎

8月26日追記ー

男子200m決勝で19秒52の記録で3連覇を達成!!

100mと合わせて2冠を達成してパリ五輪でも金メダルの大本命は不動になりました。

シェリカ・ジャクソン(ジャマイカ)

1988年フローレンス・ジョイナーが記録して以来35年破られていない女子200mの大記録の更新に期待がかかります。

こちらも前回の世界陸上オレゴン大会で21秒45とWRに0秒11差で金メダルを獲得しました。

−8月26日追記ー

女子200m決勝で21秒41と圧倒的な記録で優勝!

世界記録に0秒07と歴史的快挙には100分の7秒及びませんでしたが、素晴らしい走りを見せてくれました。

出典:TBS陸上チャンネル【公式】

\U-NEXTは31日間無料おためしOK!!/

北口榛花

前回の世界陸上オレゴン大会で日本女子投てき種目で初の銅メダルを獲得した日本記録保持者(67m04)です。

オレゴン大会の予選では64m32のビックスローで全体一位で決勝に進出するなど金メダル獲得にも期待が高まります。

世界ランキング1位(8月8日現在)で迎える世界選手権になりました。

7月も60mオーバーの投てきを記録して優勝をかさね、絶好調をキープしています。

ー追記ー

7月16日にポーランドでおこなわれた「ダイヤモンドリーグ」のシレジア大会に出場し、6回目の最終投てきで、67メートル4センチの超ビッグスローを記録。自身の持つ日本記録を1メートル4センチと大幅に更新して、ダイヤモンドリーグ通算4勝目を挙げました。

ー追記ー

7月20日にスイスのルツェルンでおこなわれたコンチネンタルツアー・シルバーでも最終6投目にこの日最高の62メートル52をマークして優勝しました。

ー追記ー

8月6日にドイツのドイツ・オッフェブルクでおこなわれたコンチネンタルツアー・ブロンズで61メートル88を記録して優勝しました。

ー追記ー

8月26日の世界陸上の女子やり投げ決勝で金メダルを獲得しました!

5投目の投てきを終えた時点で3位煮つけた北口選手は、最終の6投目で66メートル73のビックスローで大逆転で優勝!

日本女子投てき史上初の金メダルを獲得してくれました。

泉谷駿介

北口榛花選手と並んで今大会の最注目選手の一人、男子110Mハードル泉谷駿介選手です。

6月30日にスイスのローザンヌで行われたダイヤモンドリーグ第6戦を13秒22で優勝!

陸上競技の最高峰の大会、ダイヤモンドリーグを制したのは日本人では北口榛花選手に続いて2人目、男子選手では初の快挙でした。

その後、ダイヤモンドリーグ第10戦では、世界選手権選手権2連覇中のホロウェイに0.05秒差の2位と、世界王者と互角の走りを見せ、世界陸上2023でのメダル獲得に期待が高まります。

サニブラウン・ハキーム

前回の世界陸上オレゴン大会でとうとう日本男子100m史上初の決勝進出を果たしました。

絶対に不可能といわれていた100mファイナルの舞台に初めて立った男が夢のメダルに挑戦します。

サニブラウン選手は現時点(7月20日)で8月の世界選手権(ブダペスト)の参加標準記録(10秒00)を満たしていません。

昨年の世界選手権で8位以内かつ日本人最上位につけたことにより、7月30日までに10秒00を突破した時点で、5度目の世界選手権代表に内定します。

また、8月2日以降に発表される世界ランキングで、「ターゲットナンバー(出場枠の目安)」に入れば出場資格を獲得できるということです。

ー追記ー

7月20日にスイスのルツェルンでおこなわれたコンチネンタルツアー・シルバーで100メートルに出場、10秒09(追い風0・3メートル)で4位に入りましたが参加標準記録はこえられませんでしたが、ターゲットナンバーでの出場に望みをつなげました。

ー追記ー

世界陸連(WA)が8月2日、ブダペスト世界陸上(19日開幕、ハンガリー)の出場資格者のランキング【Road to Budapest】を更新。男子100mでサニブラウン・ハキームがターゲットナンバー48枠中46位につけ、ブダペスト世界陸上への出場を決めました!

ー追記ー

男子100mに出場したサニブラウン選手は、2年連続のファイナル進出で6位入賞!春先から調子が上がらない中でも世界陸上に照準を合わせ結果を残してくれました。

男子4×100m

男子4×100mリレーも注目種目です。

ダイヤモンドリーグのロンドン大会では今季世界最高タイの記録で優勝!

昨年の世界選手権銅メダルの英国に0.20秒差をつけるタイムで快勝しており、メダル獲得に期待がかかります。

スポンサーリンク

大会概要

スクロールできます
番組タイトル世界陸上ブダペスト
大会正式名称第19回世界陸上競技選手権大会
通称ブダペスト23
開催日程2023年8月19日(土)〜2023年8月27日(日)
開催地ハンガリーブダペスト
メイン会場ナショナル・アスレティクス・センター

\U-NEXTは全種目決勝を独占生中継!/

大会日程

1日目:8月19日(土)2日目:8月20日(日)
日本時間種目日本時間種目
15:50男子20km競歩14:15女子20km競歩
17:30男子砲丸投げ/予選AB16:00女子円盤投げ/予選A
17:35七種競技①/100mハードル16:35女子400m/予選
18:05混合4×400mリレー/予選16:50七種競技④/走り幅跳び
18:35男子3000m障害/予選17:25男子400m/予選
18:45七種競技②/走り高跳び17:30女子円盤投げ/予選B
19:00男子ハンマー投げ/予選17:35男子走り高跳び/予選AB
19:25女子走り幅跳び/予選AB18:25男子400mハードル/予選
19:35男子100m/予備予選19:00七種競技⑤/やり投げA
20:15女子1500m/予選19:10女子100m/予選
20:40男子ハンマー投げ/予選B20:05男子110mハードル/予選
26:02男子1500m/予選20:05七種競技⑥/やり投げB
26:05七種競技③/砲丸投げ23:35男子100m/準決勝
26:10男子円盤投げ/予選B23:55女子走り幅跳び/決勝
26:35男子三段跳び/予選AB24:05女子1500m/準決勝
26:43男子100m/予選24:35男子1500m/準決勝
27:30七種競技④/200m24:50男子ハンマー投げ/ 決勝
27:35男子砲丸投げ/決勝25:00七種競技⑦/800m
27:35男子円盤投げ/予選B25:25男子10000m/決勝
27:55女子10000m/決勝26:10男子100m/決勝
28:47混合4×400mリレー/決勝
3日目:8月21日(月)4日目:8月22日(火)
日本時間種目日本時間種目
25:40女子棒高跳び/予選AB25:40女子100mハードル/予選
25:50女子400mハードル/予選26:20男子800m/予選
26:35男子400mハードル/準決勝26:55男子走り高跳び/決勝
26:40男子三段跳び/決勝27:20女子円盤投げ/決勝
27:05男子110mハードル/準決勝27:25女子400mハードル/準決勝
27:30男子円盤投げ/決勝28:00男子400m/準決勝
27:35女子100m/準決勝28:30女子1500m/決勝
28:10女子400m/準決勝28:42男子3000m/障害
28:40男子110mハードル/決勝
28:50女子100m/決勝
4日目:8月23日(木)5日目:8月24日(木)
日本時間種目日本時間種目
17:05女子800m/予選14:00男子35km競歩
17:15男子棒高跳び/予選AB14:00女子35km競歩
17:20女子やり投げ/予選A26:00男子5000m/予選
18:10女子5000m/予選26:30男子走り幅跳び/決勝
18:15男子走り幅跳び/予選AB26:45女子200m/準決勝
18:55女子やり投げ/予選B27:15女子ハンマー投げ/決勝
19:05女子200m/予選27:20男子200m/準決勝
19:50男子200m/予選27:50男子800m/準決勝
26:00女子ハンマー投げ/予選A28:25女子100mハードル/決勝
26:10女子三段跳び/予選AB28:35男子400m/決勝
26:30女子棒高跳び/決勝28:50女子400mハードル/決勝
26:45女子3000m障害/予選
27:35女子ハンマー投げ/予選B
27:40女子100mハードル/準決勝
28:15男子1500m/決勝
28:35女子400m/決勝
28:50男子400mハードル/決勝
5日目:8月25日(金)6日目:8月26日(土)
日本時間種目日本時間種目
17:05十種競技①/100m14:00女子マラソン
17:10男子やり投げ/予選A17:05十種競技⑥/110mハードル
17:20女子走り高跳び/予選AB17:25女子砲丸投げ/予選AB
17:55十種競技②/走り幅跳び18:00十種競技⑦/円盤投げA
18:45男子やり投げ/予選B19:05十種競技⑦/円盤投げB
19:20十種競技③/砲丸投げ21:00十種競技⑧/棒高跳び
25:30十種競技④/走り高跳び26:05十種競技⑨/やり投げA
26:30男子4×100mリレー/予選26:25男子棒高跳び/決勝
26:35女子三段跳び/決勝26:30男子4×400リレー/予選
27:00女子4×100mリレー/予選26:55女子4×400リレー/予選
27:20女子やり投げ/決勝27:10十種競技⑨/やり投げB
27:25女子800m/準決勝27:15女子砲丸投げ/決勝
28:05十種競技⑤/400m27:30男子800m/決勝
28:40女子200m/決勝27:50女子5000m/決勝
28:50男子200m/決勝28:25十種競技⑩/1500m
28:40男子4×100mリレー/決勝
28:50女子4×100mリレー/決勝

\31日間は無料で心配なし!/

7日目:8月27日(日)
日本時間種目
14:00男子マラソン
27:05女子走り高跳び 決勝
27:10男子5000m 決勝
27:20男子やり投げ 決勝
27:45女子800m 決勝
28:10女子3000m障害 決勝
28:37男子4×400リレー 決勝
28:47女子4×400リレー 決勝
スポンサーリンク

世界記録

男子
種目記録選手名記録達成時・場所
100m9秒58ウサイン・ボルトジャマイカ2009/8/16
世界陸上ベルリン
200m19秒19ウサイン・ボルトジャマイカ2009/8/20
世界陸上ベルリン
400m43秒03ウェイド・バンニーキルク南アフリカ2016/8/14
リオ・デ・ジャネイロ
800m1分40秒91デービット・ルディシャケニア2012/8/9
ロンドン
1500m3分26秒00ヒシャム・エルゲルージモロッコ1998/7/14
ローマ
5000m12分35秒36ジョシュア・チェプテゲイウガンダ2020/8/14
モナコ
10000m26分11秒00ジョシュア・チェプテゲイウガンダ20/10/7
バレンシア
マラソン2時間01分39秒エリウド・キプチョゲ
ケニア2018/9/16
ベルリン
110mハードル12秒80アリエス・メリットアメリカ2012/9/7
ブリュッセル
400mハードル45秒94カルステン・ワーホルムノルウェー
2021/8/3
東京
3000m障害7分53秒63サイフ・サイード・
シャヒーン
カタール2004/9/3
ブリュッセル
20km競歩1時間16分36秒鈴木 雄介日本2015/3/15
能美
35km競歩2時間21分31秒
※世界最高記録
ウラジミール・カナイキンロシア2012/8/11
ロンドン
4×100mリレー36秒84N.カーター
M.フレイター
Y.ブレイク
U.ボルト
ジャマイカ
2012/8/11
ロンドン
4×400mリレー2分54秒29A.ヴァルモン
Q.ワッツ
H.レイノルズ
M.ジョンソン
アメリカ1993/8/22
世界陸上
シュツットガルト
走り高跳び2m45ハビエル・ソトマヨルキューバ1993/7/27
サラマンカ
棒高跳び6m22
(室内)
アーマンド・
デュプランティス
スウェーデン2023/2/25
クレルモンフェラン
走り幅跳び8m95マイク・パウエルアメリカ1991/8/30
世界陸上東京
三段跳び18m29ジョナサン・エドワーズイギリス1995/8/7
世界陸上イエテボリ
砲丸投げ23m37ライアン・クルーザーアメリカ2021/6/18
ユージーン
円盤投げ74m08ユルゲン・シュルト東ドイツ1986/6/6
ノイブランデンブルク
ハンマー投げ86m74ユーリ・セディフソ連1986/8/30
シュツットガルト
やり投げ98m48ヤン・ゼレズニーチェコ96/5/25
イェーナ
十種競技9126点ケビン・メイヤーフランス2018/9/16
フランス
スポンサーリンク
女子
種目記録選手名記録達成時・場所
100m10秒49フローレンス・グリフィス・ ジョイナーアメリカ1988/7/16
インディアナポリス
200m21秒34フローレンス・グリフィス・ ジョイナーアメリカ1988/9/29
ソウル
400m47秒60マリタ・コッホ東ドイツ1985/10/6
キャンベラ
800m1分53秒281分53秒28チェコスロバキア1983/7/26
ミュンヘン
1500m3分50秒07ゲンゼベ・ディババエチオピア2015/7/17
モナコ
5000m14分06秒62レテセンベト・ギデイエチオピア2020/10/7
バレンシア
10000m29分01秒39レテセンベト・ギデイエチオピア2021/6/8
ヘンゲロ
マラソン2時間14分04秒ブリジット・コスゲイケニア2019/10/13
シカゴ
100mハードル12秒12トビ・アムサンナイジェリア2022/7/24
世界陸上オレゴン
400mハードル50秒68シドニー・マクローフリンアメリカ2022/7/22
世界陸上オレゴン
3000m障害8分44秒32ベアトリス・チェプコエチケニア2018/7/20
モナコ
20km競歩1時間23分49秒楊家玉中国2021/3/20
黄山
35km競歩2時間37分15秒マリア・ペレス・ガルシアペルー2023/5/21
チェコ
4×100mリレー40秒82T.マディソン
A.フェリックス
B.ナイト
C.ジーター
アメリカ2012/8/10
ロンドン
4×400mリレー3分15秒17T.レドフスカーヤ
O.ナザローワ
M.ピニギーナ
O.ブリズギーナ
ソ連1988/10/1
ソウル
走り高跳び2m09ステフカ・コスタディノーワブルガリア1987/8/30
世界陸上ローマ
棒高跳び5m06エレーナ・イシンバエワロシア2009/8/28
チューリッヒ
走り幅跳び7m52ガリナ・チスチャコーワソ連1988/6/11
レニングラート
三段跳び15m74
(室内)
ユリマル・ロハスベネズエラ2022/3/20
ベオグラード
砲丸投げ22m63ナタリア・リソフスカソ連1987/6/7
モスクワ
円盤投げ76m80ガブリエラ・ラインシュ東ドイツ88/7/9
ノイブランデンブルク
ハンマー投げ82m98アニタ・ヴォダルチクポーランド2016/8/28
ワルシャワ
やり投げ72m28バルボラ・スポタコバチェコ2008/9/13
シュツットガルト
七種競技72m28ジャッキー・ジョイナー・ カーシーアメリカ1988/9/24
ソウル
混合
種目記録選手名記録達成時・場所
混合4×400mリレー3分09秒34W.ロンドン
A.フェリックス
C.オコロ
M.チェリー
アメリカ2019/9/29
世界陸上ドーハ
スポンサーリンク

日本記録

男子
種目記録選手名所属記録達成時・場所
100m9秒95山縣亮太セイコー21/06/06
布勢
200m20秒03末續慎吾ミズノ2003/06/07
横浜
400m44秒78高野進東海大クラブ東海大クラブ
800m1分45秒75川元奨
源裕貴
日本大
環太平洋大
2014/05/11
国立
21/07/17
千歳
1500m3分35秒42河村一輝トーエネック2021/07/17
千歳
5000m13分08秒40大迫傑Nike
ORPJT
2015/07/17
ヒュースデン・ ゾルダー
10000m27分18秒75相澤晃旭化成2020/12/04
長居
マラソン2時間04分56秒鈴木健吾富士通富士通
110mハードル13秒04泉谷駿介順天堂大2022/06/05
長居
400mハードル47秒89為末大法政大2001/08/10
世界陸上エドモントン
3000m障害8分09秒92三浦龍司順天堂大2021/07/30
国立
20km競歩1時間16分36秒鈴木雄介富士通2022/7/24
世界陸上オレゴン
35km競歩2時間23分15秒川野将虎旭化成2022/7/24
世界陸上オレゴン
4×100mリレー37秒43多田修平
白石黄良々
桐生祥秀
サニブラウン・アブデルハキーム
日本2019/10/05
世界陸上ドーハ
4×400mリレー2分59秒51佐藤風雅
川端魁人
ウォルシュ・ジュリアン
中島佑気ジョセフ
日本2022/7/24
世界陸上オレゴン
走り高跳び2m35戸邉直人つくばツインピークス2019/02/02
カールスルーエ
棒高跳び5m83澤野大地ニシ・スポーツ05/05/03
草薙
走り幅跳び8m40城山正太郎ゼンリン2019/08/17
福井
三段跳び17m15山下訓史日本電気86/06/01
国立
砲丸投げ18m85中村太地チームミズノ2018/05/20
長居
円盤投げ62m59堤雄司堤雄司
ALSOK群馬
20/03/27
国士舘大学
多摩陸上競技場
ハンマー投げ84m86室伏広治ミズノ2003/06/29
プラハ
やり投げ87m60溝口和洋ゴールドウイン89/05/27
サンノゼ
十種競技8308点右代啓祐スズキ浜松AC2014/05/31~06/01
長野
スポンサーリンク
女子
種目記録選手名所属記録達成時・場所
100m11秒21福島千里北海道ハイテクAC10/04/29
広島
200m22秒88福島千里北海道ハイテクAC2016/06/26
パロマ瑞穂スタジアム
400m51秒75丹野麻美ナチュリル08/05/03
エコパスタジアム
800m2分00秒45杉森美保京セラ2005/06/05
国立
1500m3分59秒19田中希実豊田織機TC21/08/04
国立
5000m14分52秒84廣中璃梨佳日本郵政グループ2021/08/02
国立
10000m30分20秒44新谷仁美積水化学20/12/04
長居
マラソン2時間19分12秒野口みずきグローバリー2005/09/25
ベルリン
100mハードル12秒73福部真子日本建設工業2022/9/25
岐阜
400mハードル55秒34久保倉里美新潟アルビレックスRC2011/06/26
長居
3000m障害9分33秒93早狩実紀京都光華AC08/07/20
ヒュースデン・ ゾルダー
20km競歩1時間27分41秒岡田久美子ビックカメラ2019/06/08
ラコルーニャ
35km競歩2時間45分09秒園田世玲奈NTN2022/7/22
世界陸上オレゴン
4×100mリレー43秒33青木益未
君嶋愛梨沙
兒玉芽生
御家瀬緑
日本2022/7/22
世界陸上オレゴン
4×400mリレー
3分28秒91青山聖佳
市川華菜
千葉麻美
青木沙弥佳
日本2015/08/29
世界陸上北京
走り高跳び1m96今井美希ミズノ2001/09/15
横浜国際
棒高跳び4m41諸田実咲アットホーム2023/4/1
日体大健志台キャンパス
走り幅跳び6m86池田久美子スズキ06/05/06
長居
三段跳び14m04花岡麻帆三英社1999/10/01
草薙
砲丸投げ18m22森千夏スズキ2004/04/18
浜松
円盤投げ59m03郡菜々佳九州共立大19/03/23
北九州
ハンマー投げ67m77室伏由佳ミズノ2004/08/01
富士北麓
やり投げ66m00北口榛花日本大2019/10/27
北九州
十種競技5975点山﨑有紀スズキ2021/05/22~23
北九州
スポンサーリンク
混合
種目記録選手名所属記録達成時・場所
混合4×400mリレー3分16秒67青山聖佳
松本奈菜子
佐藤拳太郎
川端魁人
日本2021/6/1
長居
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?今年の世界陸上2023ではいくつの世界新記録がとびだすのでしょうか?

そして日本代表選手の活躍に期待してます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

コメントする

目次